iphone

https://sugonavi.com

スマートフォン ニュース

アップルが集団訴訟、550億円で和解

古い機種のiphoneがOSをバージョンアップすると、動作スピードが遅くなる事件。

アメリカで集団訴訟が行われていました。

アップルが新しい機種を購入させるために、OSをコントロールして旧機種の動作スピードをわざと遅くしたとされる裁判です。

旧iphoneの性能低下問題で和解が成立

アップルが古くなったiphoneの動作をユーザーに告知することなく遅くしたことに対して、2月28日に和解案が公開されました。

その和解案は、ユーザーのiphone1台に対して、25ドルを支払うこととなっています。
対象となるiphoneの台数は確定していませんが、少なくとも和解金は3億1,000万ドルになるとみられています。

3億1,000万ドルだと、日本円で340億円

支払いの対象となる人は?

アメリカ

iOS10.2.1以降のOSが動作するiphone6、iphone6s、iphone6s PLUS、iphone7、iphone7 PLUS、iphone SEを私有するアメリカのユーザー。

2017年12月21日以前にiOS11.2以降のバージョンがインストールされたiphone7とiphone7 PLUSを所有しているアメリカのユーザー。

いずれにしても、アメリカのユーザーが対象のようです。

さらに、和解の確定には、カリフォルニア州の地方裁判所の最終決済が必要だそうです。

アップルからの説明

アメリカ裁判所

旧iphoneの動作スピード抑制は、急なシャットダウン回避と説明。

2017年末にバッテリー性能が低下した機種に対して、動作スピードの上限を引き下げていたことを認め、ユーザーに対して十分な説明がなかったと謝罪しています。

また、2018年末までの帰還、バッテリーが古くなったiphoneユーザーに対して、希望すればバッテリー交換料金を引き下げる対応を行なってきました。

iOS11.3では、バッテリーの劣化状態の確認をユーザー自身で確認可能になっています。
また、バッテリー劣化を抑える機能(最適化されたバッテリー充電)が使えます。

フランス政府もアップルに罰金

2月上旬にフランス政府は、上記と同じ案件で、アップルに対して2,500満ユーロ(約30億)の罰金を支払う命令を決定しています。

 

この、旧型iphoneのスピード低下させるiOSの問題、アップルはバレない思っていたんでしょうが、悪いことは見つかるんですよね。

 

水素水と水素ガス両方作れるポット

シワやシミの原因、活性酸素を水素水で毎日除去

水素水で身体のアンチエイジング
二日酔い、高血圧、アトピー、ダイエットに効果

生活習慣病の予防と改善に最適なのは水素水です
万病のもと体内の活性酸素を浄化して健康維持!

RSS アウトドアニュース

RSS 水素でアンチエイジング

-スマートフォン, ニュース

Copyright© 情報発信-SUGONAVI すごなび , 2020 All Rights Reserved.